人物
时段
朝代

唐朝618 — 907,10236 位 唐朝618 — 690 李渊618年 — 626年 武德618年五月 — 626年 李世民626年 — 649年 贞观627年 — 649年 李治649年 — 683年 永徽650年 — 655年 显庆656年 — 661年二月 龙朔661年三月 — 663年 麟德664年 — 665年 乾封666年正月 — 668年二月 总章668年二月 — 670年二月 咸亨670年三月 — 674年八月 上元674年八月 — 676年十一月 仪凤676年十一月 — 679年六月 调露679年六月 — 680年八月 永隆680年八月 — 681年九月 开耀681年九月 — 682年二月 永淳682年二月 — 683年 弘道683年十二月 — 683年十二月 李显683年 — 684年 嗣圣684年正月 — 684年二月 李旦684年 — 690年,684年九月后,武后临朝称制 文明684年二月 — 684年八月 光宅684年九月 — 684年十二月 垂拱685年 — 688年 永昌689年正月 — 689年十一月 载初689年十一月 — 690年八月 武周683 — 705 武曌683年 — 705年 天授690年九月 — 692年三月 如意692年四月 — 692年九月 长寿692年九月 — 694年五月 延载694年五月 — 694年十二月 证圣695年正月 — 695年九月 天册万岁695年九月 — 695年十一月 万岁登封695年十二月 — 696年三月 万岁通天696年三月 — 697年九月 神功697年九月 — 697年十二月 圣历698年 — 700年五月 久视700年五月 — 701年正月 大足701年正月 — 701年十月 长安701年十月 — 704年 神龙705年 — 707年九月 续唐705 — 907 李显705年 — 710年 景龙707年九月 — 710年六月 李重茂710年 — 710年 唐隆710年六月 — 710年七月 李旦710年 — 712年 景云710年七月 — 712年正月 太极712年正月 — 712年四月 延和712年五月 — 712年八月 李隆基712年 — 756年 先天712年八月 — 713年十一月 开元713年十二月 — 741年 天宝742年 — 756年七月 李亨756年 — 762年 至德756年七月 — 758年二月 乾元758年二月 — 760年闰四月 上元760年闰四月 — 761年九月 宝应762年四月 — 763年六月 李豫762年 — 779年 广德763年七月 — 764年 永泰765年 — 766年十一月 大历766年十一月 — 779年 李适779年 — 805年 建中780年 — 783年 兴元784年 — 784年 贞元785年 — 805年八月 李诵805年 — 805年 永贞805年八月 — 805年十二月 李纯806年 — 820年 元和806年 — 820年 李恒820年 — 824年 永新820年二月 — 820年二月 长庆821年 — 824年 李湛824年 — 826年 宝历825年 — 827年二月 李昂826年 — 840年 大和827年二月 — 835年 开成836年 — 840年 李瀍840年 — 846年 会昌841年 — 846年 李忱846年 — 859年 大中847年 — 860年十月 李漼859年 — 873年 咸通860年十一月 — 874年十一月 李儇873年 — 888年 乾符874年十一月 — 879年 广明880年 — 881年七月 中和881年七月 — 885年三月 光启885年三月 — 888年正月 文德888年二月 — 888年十二月 李晔888年 — 904年 龙纪889年 — 889年 大顺890年 — 891年 景福892年 — 893年 乾宁894年 — 898年八月 光化898年八月 — 901年三月 天复901年四月 — 904年闰四月 天祐904年闰四月 — 904年八月 李柷904年八月 — 907年三月 天祐904年八月 — 907年三月